campus gate|人と人を繋ぐ学生生活応援サイト

人と人を繋ぐ
学生生活応援サイト

お知らせ・ブログ

「まっちワークグループ早稲田」19代代表、橋本真依〜早稲田のまちを楽しむことを〜

BLOG -

<プロフィール>

橋本真依

まっちワークグループ早稲田
第19代 代表
早稲田大学商学部
長崎県出身

Q.活動内容と、どのような想いで活動したか教えてください。

まっちワークグループ早稲田は、早稲田のまちを拠点として、商店街や小学校などで行われるイベントの運営や企画、広報等の活動(ワーク)を行なっている サークルです。

早稲田は、近年少なくなりつつある学生とまちとの距離が密接な学生街です。 私たちのように、早稲田のまちに注視して活動をしている学生でなくても、多く の学生が大学周辺にある商店街の飲食店を利用しています。そのような学生街 早稲田で「もっと早稲田を知りたい!楽しみたい!」と思う学生が集まり、商店 街主催のイベントの手伝いや運営などの地域活動をさせてもらっています。

イベントへの参加を重ねるにつれて早稲田のまちに、顔見知りがどんどん増 えていくことを実感しましたし、同時にそれはやりがいへと変わりました。まち を歩いて、声をかけられることや地域の方に挨拶をすることなど、当初は考えも しなかったことが、今では当たり前になりました。なによりも嬉しいのは小学生 の子たちに話しかけてもらえることです。「またね」の言葉が、次のイベントへ のモチベーションになっていました。

 

 

Q.団体の活動を通して成長したと思うことは何ですか?

活動を通して、タフさはかなり身についたと思います。特に、小学生と一緒に活動するイベントでは彼らの若さに圧倒させられます。小学生の子たちはエネ ルギーの途切れを知らないのかというほど元気いっぱいで、大学生の私たちは 肉体的にも精神的にもヘトヘトになってしまうのです。それでもなんとか気丈 に明るく振る舞うタフさを身につけることができたのではないかと思っていま す(笑)。まぁ楽しんでいるのですが!

また普段から商店会の方とイベントの打ち合わせを行ったり、学生ながら商 店会連合会の会議に参加させてもらったりしています。イベントではお客さん を前に挨拶をする場面もあり、人前で話すことや目上の方と話す機会がかなり 増えました。このような場面に物怖じせずに挑める度胸がついたという点でも、 タフさを得ることができたと思っています。

Q.代表者という立場で大変だったことは何ですか?

私たちの団体ではイベントごとに担当者を設けており、担当者はメンバーの中心になって企画を進めたり、商店会の方との打ち合わせ会議に出席したりし ています。私も代表としてこの 1 年間は担当者とともに全ての会議に参加する ようにしていました。その中で思ったことが、共有することの難しさです。会議 の雰囲気、決議までの流れ、商店会の方の想いなど、メンバー間で共有するため に伝えるべきことはたくさんあります。しかし言葉ひとつで、伝え方ひとつで、 伝えるべき事実が変わることもあります。熱量までを共有することは非常に難 しいものだと思いました。

また SNS 等連絡手段が増えていますが、共有することがある際は必ずメンバ ーの前で、メンバーと直接顔を合わせて行うように努めていました。そうするこ とで、ほんの少しかもしれませんが共有の度合いを高めることができたのでは ないかと思っています。

Q.大変な時どのようにしてモチベーションを維持しましたか?

大変なときこそ、メンバーと話をしてモチベーションを高めていました。私た ちの団体は明るい人たちが多く、場を盛り上げたり、賑やかだったり、話を聞い てくれたり、一緒にいると元気をもらえます。悩みや迷い、苦しいできごとがあ っても、話をすると聞いてくれる仲間がいるという心強さは、代表をする中で武器になっていたと思います。 私は「大変さを見せる」ことは大切なことだと思っています。

自分たちの団体に、今どのような課題があり、乗り越えるためにはどうすればよいのかを皆で考 えることが大事だと思うのです。解決に向かわないとしても、各々が団体やメン バーのことを考え支える雰囲気が生まれると、団結力が上がると思っています。

私自身、大変さをメンバーに見せることが多すぎるほどあったのですが、同時 にメンバー各々の思いや考えも聞くことができました。それぞれに状況や立場 が異なる中で活動をしているということがより見えてきましたし、向いている 方向や目指す場所も見えてきました。向いている方向が同じだとわかると、モチ ベーションは自ずと上がっていくものです。

Q.これから挑戦したいことは何ですか?

これからも団体としてだけでなく、私個人としても早稲田の町とのつながりを持って生活していければいいなと思います。 今年もたくさんのイベントが早稲田のまちで開催されます。規模の大小は様々ですが、どれも私たち学生や、まちの方が時間をかけ準備をして開催される イベントです。それらのイベントに参加してくれる方に喜んでもらうのはもち ろんですが、まずは私たち自身がこれまで通り楽しんで関わっていけるといい なと思います。

 

 

 

  • 「まっちワークグループ早稲田」19代代表、橋本真依〜早稲田のまちを楽しむことを〜