campus gate|人と人を繋ぐ学生生活応援サイト

人と人を繋ぐ
学生生活応援サイト

お知らせ・ブログ

学生団体運営において必要な能力と、必要となる時間

BLOG -

必要な能力(団体作り、運営において)

◼︎団体立ち上げに必要な3つのこと

立ち上げる際に必要なこと

(立ち上がっているけど、Reブランディングする際にも参考になる)

 ・団体の存在意味は何なのか?(ミッション)

 ・団体の活動を通して成したい世界観(ビジョン)

 ・それを成すために何をしているのか(活動内容)

この3つが明確であってこそ、団体内で活動する人も、

なぜ自分がその活動をするのか納得して活動することができる。

そして外から見ても、その団体が何のために活動しているのかが理解できて、

共感、応援したくなる。

◼︎立ち上げメンバー

・仲間探し

最初のコアメンバーが重要。コアメンバー2人~4人くらいで、想いの部分をしっかり話し合って、

認識の違いが生まれていないか確認しながら、丁寧に最初は団体を作っていくのがオススメ。

◼︎団体・運営フェーズ

・団体内のミーティング

代表者が以下の3点に気を使いつつ、団体のカラー、団体メンバーの個性に応じて研究しながらミーティングを設計

 ・団体の方向性に沿った議題設定

 ・ミーティングの雰囲気作り

 ・頻度(メンバーの負担がないように、オフラインかオンラインかも団体に合わせて)

・イベント企画

何を目的としてイベントを企画するか、最初に話し合う。毎月、または2ヶ月に一回できると頻度としては好ましい。

イベントを企画する上で大事なこと

 ・目的設定

 ・日程決め

 ・場所決め

 ・ゲスト選び(呼ばなくても良い)

 ・スケジュール決め

 ・集客戦略

 ・協賛企業探し

 ・プロジェクトマネージャー決め(進捗管理メイン)

SNS運用

 ・ネタ探し

 ・定期的なツイート

 ・積極的フォロー&DM

まとめ(必要な能力について)

・団体がどこに向かっていきたいか言語化する能力

・成したい世界を成すために何をすべきか活動にまで落とし込む能力

・具体的な活動としてイベントを企画する能力

 (企画力、計画力、組織運営力、営業力)

SNS発信をまめにする継続力

 

必要となる時間

◼︎団体・立ち上げ期

・ミッション・ビジョン考える時間、話し合う時間

・活動内容を考える時間

・メンバー探しにかける時間

◼︎団体・運営フェーズ

・定例ミーティング(週1h

・イベントミーティング(週1h

・イベント集客(110分)

・協賛企業営業(110分)

SNS運用(110分)

まとめ(必要な時間について)

こうやってみると、毎日10分(個人的にオススメの時間の使い方は、仲間・学生へのコンタクト:朝6時~610分、対企業:朝8時~810分)とか隙間時間でできることが多い。週に数時間出せば組織として動きやすくなるので、その時間は確保できると良いが、これもマストではないので、オフラインで集まるのが大変ならオンラインで、それも大変なら、時間を決めない「ラインメッセージ会議」がオススメ。

もちろん朝送ったメッセージに対して返信が日中に来るが、それに対してその場で反応が厳しければ、夜ゆっくり時間を作る、またはじっくり考えて寝て、翌朝、返事するのでも良いと思う。(ただし緊急性があるものや、早く返事をすることで早く進むプロジェクトの場合は極力、即レスをオススメ)

 

おまけ

時期的なこと

2月:団体メンバー内での話し合いを重ねて、4月新歓の戦略を立てると良い

3月:4月新歓に向けて本格的にネット集客

4月:新規メンバー獲得に注力、中盤からGW合宿の準備

5月:GW合宿開催、後半、次回イベントの準備

6月、7月、8月、9月:このあたりで団体の核となるようなイベントを打つ学生団体は多い

10月、11月:文化祭シーズン、第二新歓(新規メンバーの獲得)

12月:次期代表への引き継ぎ

1月:1年間の振り返りとマニュアル作成、引き継ぎ完了

  • 学生団体運営において必要な能力と、必要となる時間